本当に大切なもの。食。農。こどもたちの未来。 そして私たちの暮らし。でしょ? NPO法人  使い捨て時代 を 考える会

 

更新 2017 .5. 24

 私達は、安全農産供給センターという有機農業団体も作っています。設立40年です。地域で出来た食べものを共に分かち合い、互いに信頼し、支え合う。そこに基づいて小さな経済を地域で一緒に作っていく。そういう「生き方」を目指していいます。これは人・作物・大地の命あるつながりなのです。

TEL:075-361-0222

FAX:075-361-0251

 京都府京都市下京区富小路通筋屋町141

6/18 (日)13:30~15:30 第3回

「食べものの世界も超大変!有機と、有機をとりまく食の今 フードシステムの現状」

++++++++++++++++

【内容】「有機・オーガニック」や「自然・ナチュラル」、「健康・ヘルシー」「安全・安心」などなど、みんなが同じキーワードを使いすぎて、逆に何を食べたら良いか分からなくなってきてませんか? 私たちはただ、身体と心のために元気な食生活をしたいだけなのに。素朴な願いが何故か難しい。有機と、有機をとりまく今日のフードシステムを読み解く技を伝えます。

++++++++++++++++++++

講師:平賀緑(ひらがみどり 食料政策研究家)

【プロフィール】かつて丹波の小さな畑で、有機菜園と鴨たちを育て、手づくりバイオディーゼル燃料で車を走らせ、持続可能な食とエネルギーを促す適正技術を紹介していました。その後、フード・マイレージの提唱者と呼ばれるティム・ラング氏率いる研究所で食料栄養政策を学び、京都大学大学院で農業・食料の国際政治経済学を学び、現在、京都大学大学院の研究員や立命館大学の非常勤講師などしながら、博士論文を書いているところです。

 

■会 場:パタゴニア京都 3F イベントルーム 1F左奥にエレベーターあります

■日 時:2017年6月18日(日) 13:30~15:30(予定)

■主 催:NPO法人使い捨て時代を考える会

■問合・申込み:TEL 075-361-0222 FAX 075-361-0251

        email : info@tukaisutejidai.com

   ※事前申し込み歓迎・でも飛び込みもOK

■参加費:会員500円  一般1000円(学生500円)

 

 

会の農場「この指とまれ農場」
有機野菜料理レシピ本『新版野菜はともだち』出版(農文協)
生産者の姿と生産者の食材を使った一品持ち寄り手料理交流会